• ☆☆6月13日(水)〜6月20日(水)の間 ニューヨーク仕入れの為、長期休業致します☆☆
  • 革のエイジング効果のコツ

    お手入れ・修理情報-Contents-

     

    エイジング コツ 

      革の魅力といえば、時が経ち、使い込んでゆくにつれて深まる色合いと風合いと肌のような触感です

      「皮」と「革」の違いって知っていますか?

     動物の「皮」に手をかけた製品を「革」というのです

     ハイブランドの品質の良い皮は、磨いて使い込めば使いこむほど、独特の高貴な味わいが出てきます

     それは飴のように艶が増し、本来の色合いが味わい深い風合いになってゆくのです

     自分だけの革に育てる。それが「エイジング(経年変化)」と呼ばれます。

     アンティークな風合いです。

     最近は、ピカピカした新品の革よりも、風合いの出た使いこなれた感のある「エイジング」の革が売れていて人気があります。

    Rococoのエイジング 革小物の在庫

     人気ブランドバッグでも、あえて使い込んだエイジング効果をしたり、ムラ染めなどで、アンティーク仕上げしていたり。

     例えば、オイル塗りなどをして、職人の技術の工程を増やしています

     オリジナルの革鞄で有名な土屋鞄製造所でも、その方法を紹介しているほどです。

    良い革を持つと、、

     使うたびに、磨きこむたびに、その風合いに磨きがかかります。

     上手に育てられて、いい色艶になった革製品は自分だけの色合いになっていくので、愛着も増します☆

     Rococoで売っている革製品は、Vintage品なので、エイジング効果が出ているお品ばかりですが・・

     まだエイジングの出ていない革製品の、良いエイジング効果を出すコツをお伝えしますね。

    簡単で綺麗にエイジングするやり方・コツ

     オイルコース・日光浴コース・水拭きコース・・などなど、

     土屋鞄製造所でも紹介されている方法を Rococoでは今まで色々と試してきました。

     その中で、確実に簡単に綺麗に仕上がった方法をご紹介しますねニコニコ

     

    s-P1370526

     

    ↓完成後

     

    GS-345C

     

     アンティークな風合い合格

     

     飴色の色合い・合格

     こんにステキになるなんて。。正直びっくり目

     

     

    拡大してみると・・↓

     

    s-P1370539

    ↓ 完成後

    GS-345C-4

     ステキな鞄になりましたあ~音譜

     さてさて、、エイジングの出し方の簡単なコツです!!

     一番、簡単で効果があり、革も傷めなかった方法とは・・

     ロココ手作りの蜜蝋入りクリームを た~っぷり縫って、窓辺で日焼けをさせて、1週間ごとに重ね塗り。それを合計2~3度繰り返します。強い直射日光は×

     窓からの光を当てます。

     このクリームに入っている蜜蝋(ビーズワックス)は艶出し効果があり、なおかつ本来の色の深みを増す効果があります。他にも秘密のアロマ入り。

    #ただし・・磨く前に、ローションなどでシッカリと汚れを落とすのは、今まで書いている通り!お約束ですよお~パー

    #また、一度、これだけの効果をしますと、通常のメンテナンスだけで十分で、あまり手間がかかりません~

    Rococoのエイジング効果のアイテム

    GH-158C

    ステキでしょ??

     

    Rococoでは、これからも、Vintageの良い革のバッグやお財布はエイジングなどの手間隙をかけてより美しくメンテナンスを施します

    Rococoのエイジング 革小物の在庫

    # 革にもたくさんの種類があり、メンテナンス・エイジングの方法は1つではないのが、革の難しさであり奥深さです。

    新サービスを始めました!

    ロココでは最近、もっと メンテナンスの素材にこだわって、、

    メンテナンス用クリームを作り始めました!

    販売はまだ準備中で出来ませんが、

     お客様のバッグをお預かりして、

    蜜蝋とヘンプシードオイルなどのアロマと特殊な技術で大切なヴィンテージ皮バッグを蘇らせています!

    もちろん、エイジングの効果もあります!

    詳細↓

    kadosure
     

    FavoriteLoadingお気に入りに入れる

    Translate »