• ☆☆VINTAGE SALE☆☆MAX30%OFF!¥35,000以上のご注文で送料無料!
  • バーバリー Burberry’s 辞典

    Vintage辞典-Contents-

    バーバリー(Burberry’s)の歴史

    バーバリー公式ページ
     バーバリー ネットショップ

    Burberryjiten

    1856年、イギリス ハンプシャー州ベイジングストークで当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創立される。

    BURBERRY

    1879年、農民が汚れを防ぐために服の上に羽織っていた上着をヒントにギャバジン(Gabardine, ギャバディン)といわれる耐久性・防水性に優れた新素材を発明した。1888年には特許を取得、1917年までその製造権を独占した。

    バーバリーの発明したギャバジン製の製品は極地探検家の防寒着やテント・パイロットの飛行用衣料として愛用された。英国王室御用達(ロイヤルワラント)も授かる。

    1891年  英国 ロンドンに本社を置く。

    バーバリーロンドンのテーマとして掲げられていたのが「品質へのこだわりや生地の革新」でした。

    1895年 トレンチコートの前身であるタイロッケン(ひもでロックするという意味)コートを開発。ボーア戦争の際に、英国に採用される。元は軍服として作られたので丈夫なのです。
    1901年 Equestrian Knight(乗馬の騎士)のロゴを使い始める。旗に入っている「PRORSUM」は、ラテン語で「前へ」という意味。

    609
    トレンチコートを始めに作ったブランドがバーバリー。

    1924年、コートの裏地として使用されていたデザインを「バーバリー・チェック」として宣伝し、一大ブームを起こす。1つは欲しい、トラッド系の定番の代表格として世界中から愛されるようになる。

    現在のデザイナーは、クリストファー・ベイリー

    日本国内では・・

    1915年、丸善がインポート商品としてレインコートの輸入を開始。

    1965年、三陽商会がコートの輸入販売開始。

    1970年には三陽商会がライセンス商品の製造・販売の権利を獲得。 1996年には日本独自企画として三陽商会が「バーバリー・ブルーレーベル」をスタート。さらに、ブルーレーベルの姉妹ブランドとして、1998年には「バーバリー・ブラックレーベル(メンズ)」を投入、顧客の拡大につなげた。2004春夏からは新柄「バーバリー・ドット」をスタート。2008年には、「バーバリー・ブラックレーベル」からレディスが誕生。

    2014年5月19日 三陽商会がライセンス解消を発表  今後、百貨店から徐々に消える事になる。

     今後日本での入手が困難となるため 古き良き時代のバーバリーチェックを手に入れようと人気が急上昇中!!

    BURBERRYとBurberry’sの違い・・

    現在ロゴとして「BURBERRY」と「Burberry’s」の二つが存在する。「Burberry’s」は2000年の変更以前の製品についているものでありそれ以降は全て「BURBERRY」に統一された。

    Rococoでは、この入手困難なお宝価値のある、Vintage (OLD)Burberry’を中心に集めています!

     shelter under a Burberrys

    世界大戦集のシェルターの中でバーバリーのコートを着て身を寄せ合う男女がテーマのアンティーク・ヴィンテージ品

    BB-006C-3

    バーバリー トレンチコート

    バーバリーのトレンチコートは各界から深く愛され、元英首相ウィンストン・チャーチル、作家コナン・ドイル、喜劇俳優ピーター・セラーズ、女優キャサリン・ヘプバーン、ラッパーのジャ・ルールら数々の著名人が愛用した。

    BB-003C

    映画『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘプバーンが着用している。日本でも、宝塚歌劇団の男役がしばしば舞台上で着用している。

    ラインの種類

    バーバリーロンドンがメインのラインで値段も一番上です。

    他にバーバリーは大きく分けて、バーバリープローサム、バーバリーロンドン、バーバリーブルーレーベル、バーバリーブラックレーベルの四つの主なラインがあります。

    バーバリープローサムとバーバリーロンドンは、イギリスのバーバリー社が直接手がけています。
    バーバリーブローサムは高級ブランドとしての位置づけが強く、海外コレクションにも数多く登場してます。
    バーバリーブルーレーベル(BURBERRY BLUE LABEL)は1996年、日本独自の企画
    (三陽商会が製造・販売の権利を取得)として発表されました。

     チェックの種類

     

    バーバリーチェック(バーバリークラシックチェック・ヘイマーケットチェック)

    キャメル地に黒・白・赤で構成されたバーバリーのチェックは細くて清楚な色合いが特徴で、「ヘイマーケットチェック」または「バーバリークラシックチェック」として知られている。BB-006C

    バーバリーのネットショップ

    このチェック模様は1924年にバーバリーのトレンチコートの裏地に使用されたのが最初である。当時のイギリスでは「ウインドーペーン」(窓ガラスの意)といわれるタータンが多く使用されており、バーバリー・チェックは「カントリー・タータン」と呼ばれる柄からアレンジしたもので、公募で決定した。なお「タータン」でありながら「チェック」と呼称したのは、当時のイングランドにおけるスコットランドへの歴史的敵対意識(タータンの項参照)の連想を防ぐ目的であったと言われている。現在は「バーバリーチェック」として登録商標となっているが、1967年に初めて裏地以外で傘やスカーフやバッグなどを含む各種アイテムに展開して広く使用された。

    バーバリー・チェックを含むバーバリーのコーポレートカラーには、日本限定のものを含めると、以下のバリエーションが存在する。

    ノバチェック

     

    1122

    後に若者市場向けに太いラインで菱形で斜めにラインを配置し幅を広く取ったパターンとして登場したもので、特に女性向けハンドバッグなどでさわやかなイメージを出したい場合に多用されている。

     

    ハウスチェック

    ヘイマーケットを大きく拡大し、カラーも濃茶や白を使用してコントラストをはっきりさせた幅広のチェック。2006年に「Runway show of S/S 06」にてクリストファー・ベイリーが発表した。当初はコートやスーツやバッグのシャドウチェックなどを中心として使用されていたが、最近はレディースのバッグや革小物のデザインに多用されている。

    burberry03

    メガチェック

    ハウスチェックのラインの幅広バージョン。別名ジャイアントチェック。縦横に極太や細いラインを大胆に配置したカジュアル志向の強いチェックで、主に「バーバリー・ブリット」のシャツやバッグ、コート裏地などに多用されている。カラーバリエーションも多い

    P1320074

    スモークドチェック

    ハウスチェックの色調をベージュ地にブラウンの濃淡のラインに変更した、落ち着いたカラーのチェック。主にレディースのバッグや革小物等に使用されている

    666655

    ビートチェック

    黒地にグレーの濃淡のラインを組み合わせたシャドウチェック調の落ち着いたチェック。主にバッグや革小物等に多用されている。

    222

    ブラックレーベルチェック

    紺地または黒地に白と赤。日本オリジナル商品であるブラックレーベルにて使用されている。

    3333

    ブルーレーベルチェック

    レディースは水色地または薄ピンク地に白と赤、メンズは黒地に白とベージュ。日本オリジナル商品であるブルーレーベルにて使用されている。

    666

    TBチェック

    キャメル地にオレンジラインのチェック模様。1991年から展開された普段着ブランドの「トーマス・バーバリー」に使用されていたが、2002年にラインの廃止とともに姿を消した。

    6666

    バーバリー・ドット

    ブルーレーベル2004S/Sシーズンから展開がスタートした。日本オリジナルのドット柄でブルーレーベルにて使用されていたが、近年はあまり使用されていない。

    imgffa1a531zik4zj

     

    BURBERRRY-1

     

    ヴィンテージ(Vintage)辞典<目次>

     

    FavoriteLoadingお気に入りに入れる